外壁塗装は兵庫県川西市の一条建装へ【阪神間全域対応!】

ブログ

article

気ままブログ

ダブルトーン工法

2022年6月10日

ダブルトーン工法

先日、とあるお客様の塗装工事で、「ダブルトーン工法」という施工をさせて頂きました。

 

『ダブルトーン工法とは、外壁塗装の様々ある塗り方の中の一つで、凸凹のある外壁を凸部と
凹部で色分けをして、立体感を出すことができる塗装です。』

 

ダブルトーン工法を用いるのにおすすめな外壁は、サイディング(タイル調・レンガ調など)です。凸凹が大きくはっきりしているとより効果が発揮されます。

 

②下処理後、まずは目地色となる1層目の色を全体に塗ります。

この色がタイルとタイルの隙間の色であり、タイルの雰囲気を大きく左右する色になります。

 

③その後は、2層目の凸部分の仕上げの色を塗っていきます。目地部分に塗料が入らないように慎重に丁寧に塗っていきます。

 

④ダブルトーン塗装完成!!
既存の単色のサイディングよりも立体感が出るので、雰囲気が変わり、おしゃれに見えます!

 

今回施工したサイディングの外壁は凹凸が少なく、とても難しかったです😂
ですが、とても綺麗に仕上げる事ができ(自画自賛✨)、お客様に喜んで頂けたので、安心しました!!

 

サイディングの塗装を考えているお客様がいらっしゃいましたら、ぜひ一度後検討されてみてはいかがでしょうか?