外壁塗装は兵庫県川西市の一条建装へ【阪神間全域対応!】

ブログ

article

気ままブログ

遮熱塗料について

2022年9月22日

朝晩は涼しくなってきましたが、日中はまだまだ暑い日が続いていますね。

そんな暑い季節にオススメの、遮熱塗料について書いていきたいと思います!

 

遮熱塗料とは、太陽光を反射して、屋根の温度の上昇を防ぐ効果があり、室内の温度を快適に保ってくれる機能を持つ塗料です。

 

遮熱塗料を屋根に塗装した場合、最大で15〜20℃の屋根表面温度を低下させることができます。

 

建物の形状や立地、使用環境、間取り等によって異なりますが、室内温度を約3〜5℃下げる効果があり、室温が下がるため、冷房費の削減になります。

 

30℃だった室内が27℃になると考えると大きな違いですよね!
電気代が節約でき、さらに省エネにも繋がるのは嬉しいですよね。

☆遮熱塗料にオススメの屋根材☆

 

・薄型スレート屋根(カラーベスト)…素材が薄いので、そのままだと熱を通りやすいので効果大

・金属屋根(折半屋根や瓦棒屋根)…金属は熱くなりやすいので効果大

☆遮熱塗料にオススメのお宅☆

 

・吹き抜けがある…吹き抜けは屋根からの熱が伝わりやすく、熱くなりやすい傾向があります。

・2階に居間がある…建物は高い位置であればある程気温が上昇しやすく、暑くなってしまいます。

・3階建てのお宅…上記に同じで、高さが高い建物であればある程遮熱塗料の効果を発揮できます。

 

遮熱塗料には様々なメリットが得られますが、一方でデメリットもあります。

 

〜遮熱塗料のデメリット〜

 

・価格が高い
一般的なシリコン塗料と比較すると、塗装費用が高くなる傾向があります。
しかし、以前はシリコン塗料と遮熱塗料の価格差は10万ほどありましたが、近年はその差が縮まってきています。

・冬場の保温効果は期待できない
夏場は室内温度を低下させることができますが、冬場の室内温度を保つ効果はないため、冬が長い地域では不向きの塗料とも言えるでしょう。

まとめ

今回は、遮熱塗料についてご紹介しました。

遮熱塗料と言っても、様々な種類があり、効果や機能も商品によって異なるので、気になる方はぜひ一度、一条建装にお問合せください!!