お役立ち情報

content5

これは雨漏り?と思ったら~室内の天井や壁が濡れていた時~

室内の天井や壁が濡れていた時
~雨漏り?と思ったら~

「天井が濡れてる。」、「壁紙が濡れてる。」雨漏りはしてるけど、「どこから雨が入ってきたかわからない」と、「本当に雨漏りかどうか」と、もし雨漏りでも「原因や侵入経路がわからない…」と悩んでいませんか?

雨漏りをそのままにしていると、住宅内部の腐食を進行させてしまう恐れがあります。大切な住宅を長く安心してお住まいいただけるように、原因を追究し応急処置や、雨漏り修理の知識を得て対処していきましょう。

まず、雨漏りの原因を大きく分けますと「台風・強風・地震などの自然災害」「経年劣化」「施工不良」の3つになります。細かな原因は下記表をご覧ください。

雨漏りの原因

  • 屋根材のずれ・割れ・浮き
  • 谷樋板金(たにといばんきん)の傷み、ゆがみ
  • 棟板金(むねばんきん)の釘浮き
  • 雨樋(あまどい)の詰まり・壊れ
  • コーキングのヒビ・剥がれ
  • 窓やサッシ周りの劣化
  • 外壁のひび割れ
  • 太陽光パネル取り付け時の穴
  • 初期の施工不良
  • DIYによる施工不良

上記で原因についてイメージがついたと思います。では、それぞれの対処法も含めて解説します。

  • 屋根材のずれ・割れ・浮き

    屋根材のずれ・割れ・浮き

    雨漏りの原因として特に多いものです。瓦屋根の場合、ずれ・割れが発生し、その隙間から雨水が侵入してきます。

    スレート屋根の場合、ずれ・割れもありますが、経年劣化や長年の強風により固定している釘のゆるみなどで浮きが発生し、雨水が侵してきます。

    雨漏り原因の応急処置・対処法・修理

    瓦のずれなどであれば、ずれを直すだけで改善されます。経年劣化により、割れの症状があれば屋根材の交換が必要です。スレート屋根の割れ・浮き、屋根材の劣化が激しい場合は交換を検討しましょう。

  • 谷樋板金の傷み・ゆがみ

    谷樋板金(たにといばんきん)の傷み、ゆがみ

    谷樋とは屋根と屋根がぶつかる部分にある溝のことを指し、雨水の通り道となります。

    雨水で板金が傷むとゆがみが発生し、雨水がスムーズに流れなくなり、谷樋に水が溜まります。そのため、腐食がすすみやすく雨漏りの原因となってしまいます。

    雨漏り原因の応急処置・対処法・修理

    谷樋板金の腐食を確認できましたら、交換が必要です。修理業者へ依頼しましょう。そのままでは、雨漏りが続きサビや穴開きが発生するなどより悪化していきます。

  • 棟板金の釘浮き

    棟板金(むねばんきん)の釘浮き

    経年劣化や台風・強風によって棟板金が持ち上げられ、固定していた釘がゆるむことでその隙間から雨水が侵入してきます。

    雨漏り原因の応急処置・対処法・修理

    釘の打ち直しが必要となりますが、合わせて下地の腐食確認も行いましょう。雨漏りを理由に下地まで腐食がすすんでいる場合があります。修理業者へ依頼しましょう。

  • コーキングのヒビ・剥がれ

    コーキングのヒビ・剥がれ

    コーキングで隙間を埋めて(詰めて)いた部分が、経年劣化でヒビ割れていきその隙間から雨水が侵入してきます。

    雨漏り原因の応急処置・対処法・修理

    コーキング剤はシーリング剤とも言いますが、素材はゴム状ですので経年劣化によるヒビ割れ起きやすいものになります。修理の際は、一度剥がしてキレイな状態にしてから、効果が高く長持ちするコーキング剤を使って修理してもらいましょう。

    ご自身で修理する場合はコーキング剤の量にご注意ください。
    少ない量では余計な隙間ができ、多い場合は本来必要な隙間まで埋めてしまい、雨水の流れを変えてしまう、1箇所に溜まってしまうな雨漏りの原因を作ってしまうこともあります。

    コーキング剤の種類
    • 気硬化型:空気中の水分と反応して硬化する
    • 乾燥硬化型:溶剤や水が揮発乾燥することにより硬化する
    • 非硬化型:表面に酸化皮膜を形成する(内部は硬化しない) マスティックタイプとも言います
    • 混合反応硬化型:主剤と硬化剤を混ぜ合わせ、化学反応によって硬化する
  • 窓やサッシからの雨漏り

    窓やサッシからの雨漏り

    窓や天窓、引き違いの窓、ベランダの窓など、家にはいくつもの窓があります。

    サッシから侵入してくる雨漏りは、「外壁」、「窓やサッシ」「コーキング」と、複数の要因があります。中でも窓周りでのお問い合わせでは、コーキングの劣化が良く見られます。

    雨漏りの原因・応急処置、対処法・修理

    コーキング自体は高価なものではありませんが、長さで工事費用が変わったり、施工の技術が重要になります。ですので、応急処置で、コーキングを打つのはおすすめしません。

    見た目がわるくなるばかりか、雨漏りの再発をすれば、除去する必要が出て余計なコストが掛かるおそれがあります。

    また、下手な施工は、雨漏りの再発や、コーキングの穴などから雨水が侵入し、建物の中に水を貯めてしまい、家を腐れる原因にもなります。

    窓の横にはたいてい、柱がある事があるので、危険です。応急処置や対処法としては、原因に近いところを雨戸やテープなどで覆ってみましょう。

    これだと、後から外せたり、おおよその雨漏り発生している場所が分かります。ホームセンターで、簡易的な防水テープなどがあるので、利用してみてください。

  • 外壁のひび割れ

    外壁のひび割れ

    屋根ではなく外壁のひび割れが原因で雨水が侵入することもあります。

    雨漏り原因の応急処置・対処法・修理

    屋根に原因が見つからない場合は、外壁に問題がある場合がありますので外壁塗装業者に調査を依頼し、原因の追究と修理を行いましょう。

  • 太陽光パネル取り付け時の穴

    太陽光パネル取り付け時の穴

    太陽光パネルの取り付けは、固定するために釘やビスを使用します。こちらも台風・強風の影響を受けますし、まれに施工時のミスにより雨水が侵入することもあります。

    雨漏り原因の応急処置・対処法・修理

    太陽光パネルの取り外しは容易ではありませんので、太陽光パネルに詳しい塗装業者に雨漏りを修理依頼することをおすすめします。太陽光パネルを設置している場合、屋根の状況確認が難しいうえ、耐久年数も屋根の方が短いので注意が必要です。

  • 初期の施工不良

    初期の施工不良

    建築時、屋根や外壁の施工不良により、雨漏りが引き起こされることもあります。

    雨漏り原因の応急処置・対処法・修理

    建築施工業者へ調査・対応依頼を行いましょう。もし、話し合いに応じない場合は評判の良い調査会社へ依頼し、雨漏り診断書を踏まえ話し合いに挑みましょう。

  • DIYによる施工不良

    DIYによる施工不良

    ご自身でコーキングや屋根の修理をしたことにより、雨漏りを引き起こすこともあります。

    雨漏り原因の応急処置・対処法・修理

    DIYが流行っていますが、専門業者への診断と修理依頼をおすすめします。

長くなりましたが、それぞれの原因・症状における対処法を紹介しました。皆様の大切なお住まいです!雨漏りが発生しましたらお早めに対処しましょう!

建築現場で発生する事故の多くは落下です。ご自身で屋根に上られる際は十二分にご注意ください。できれば、ご自身ではなく専門業者へご依頼ください。

弊社は川西市を中心に屋根塗装、外壁塗装を行う25年以上の経験を持つ専門業者です。お客様の「想いの聞き取り」を企業理念に掲げ、満足のいくサービスをご提供しております。些細なことでもお困りごとがありましたら、ぜひ、お気軽にご相談ください。

一覧に戻る