お役立ち情報

content7

はじめての雨漏り工事の依頼はどうする?~修理費用&業者の選び方~

修理費用&業者の選び方初めての
雨漏り工事依頼

「初めての雨漏り修理・屋根修理、どこの修理業者、工事業者に頼めばいいのかわからない」、「雨漏り修理や屋根修理の費用相場は?」など不安があるのに焦って、下調べもせずに修理業者や工事業者に依頼すると悪質業者に騙されることもあります。

修理費用の相場を理解したうえで、優良な業者選びが大切です。そこで、今回は修理費用の実態や正しい業者の選び方を紹介していきます。

まず、最初に行うことは「雨漏りの原因を特定する」ところから始まります。一目でわかるような雨漏りであればいいのですが、細かな調査をしないとわからないこともあります。まずは、原因調査に要する費用相場をご覧ください。

雨漏りの原因を特定する調査費用相場

※建物の規模により費用は変動します。

調査 調査費用 調査内容
目視調査 0~3万円
(基本は無料)
建物を目で見て現状を確認する調査方法。屋根のずれやひび割れ、釘の浮きなど目で見える範囲の調査です。
発光液調査 5~20万円 発光塗料を、雨漏りの原因と思われる箇所に流し込み、屋根裏や室内から紫外線を当てながら雨漏りの侵入経路を特定する調査方法です。雨漏りしている箇所が複数ある場合に行うことが多い。
散水調査 10~30万円 原因と予想される箇所に水を流し込み、雨漏りを再現する調査方法です。屋根からの雨漏りの場合は屋根まで上がるため、足場代がかかります。※お客様の水道を使用します。
赤外線サーモグラフィー調査 10~40万円 建物の外から赤外線サーモグラフィー(物体の熱を可視化する装置)を当て、建物内の温度が冷たい箇所を探し出します。雨水が流れ込んでいる箇所は温度が低いため、雨漏りしている箇所を特定することができる調査方法です。
また、発酵液調査や散水調査と違い、建物に負担をかけずに調査できます。

このように、4つ調査方法があり費用も様々です。目視調査は多くの業者が無料で行っておりますのでご安心ください。

一般的な修理費用の目安

※建物の規模や状況ににより、費用は変動します。

雨漏りの修理内容費用相場(約30坪) 応急処置 1万円~
雨漏りの修理工事
(屋外・部分工事)
5~30万円
足場代別途 雨漏りの修理
(屋内)
5~15万円
天井張り替え、
窓サッシ交換など
窓・サッシ周りの
コーキング打ち直し
2~10万円
棟板金の修理 3~10万円
雨樋の掃除 1万円
雨樋の修理 0.3~10万円
雨樋の修理する(長さによって変わる) スレート、コロニアル、
瓦の差し替え(1枚から)
0.5~5万円
雨樋の全体交換 20~50万円
塗装 40~80万円

※選ぶ塗料によって金額が変動

雨漏りの原因は様々で金額も大きく変わってきます。修理内容が小さく簡単なものであればよいのですが、大きくなると金額も上がっていきます。また、施工業者・工事業者によっても修理費用は変わってきます。

  • 悪質修理業者の例

    悪質修理業者の例

    • ・調査をせずに見積を出してくる
    • ・すぐに葺き替え(ふきかえ)工事をすすめてくる
    • ・大幅な費用値引で交渉してくる
    • ・契約を急がせる
    • ・専門知識や説明が少ない
    • ・相場費用よりも安い
  • 優良修理業者の例

    優良修理業者の例

    • ・調査を行ったうえで見積を出してくれる(見積の内訳も公表している)
    • ・屋根の内部もしっかり調査してくれる
    • ・地域密着型の専門業者(アフターフォローも充実)
    • ・それぞれの症状やお客様の要望にあった最適なプランを提案してくれる
    • ・丁寧な説明で、専門知識がある
    • ・相場料金の範囲内での提示をする

もう一度言いますが、屋根修理や雨漏り修理は優良な業者選びが大切です。業者選びに時間がかかると思いますが、後悔しないためにもじっくり探してください。弊社は川西市を中心に屋根塗装、外壁塗装を行う25年以上の経験を持つ専門業者です。

お客様の「想いの聞き取り」を企業理念に掲げ、満足のいくサービスをご提供しております。些細なことでもお困りごとがありましたら、ぜひ、お気軽にご相談ください。

一覧に戻る